So-net無料ブログ作成
-| 2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明

 日本民間放送連盟(会長・広瀬道貞テレビ朝日顧問)は16日、宇都宮地裁で再審公判が行われている足利事件の判決公判で、法定内での録音・録画取材を求める声明を出した。堀鐵蔵報道委員長名で「判決公判の冒頭から終了までを録音・録画し、広く報道することは、報道機関としての使命・役割と強く認識している」としている。

[タイ]反政府集会が3日目に 血液を首相府前にぶちまける

 【バンコク西尾英之】タイのタクシン元首相派「反独裁民主戦線」(UDD)によるバンコク中心部での大規模反政府抗議集会は16日、3日目を迎えた。UDDはこの日、集会参加者から1人10ミリリットルの血液を採り、集めた血液を同日夕、首相府前とアピシット政権与党の民主党本部前にぶちまけ、「議会解散」「総選挙実施」要求に応じないアピシット首相に抗議した。 タイの保健当局や赤十字社は、採血時に血液感染症の拡大やショック症状などの健康被害をもたらす恐れがあると中止を求めた。UDDはこれを無視して16日朝から集会会場のテント内で赤シャツ姿の支持者から採血を開始。元首相を支持する看護師など医療関係者が、使い捨て注射器で数万人から採血した。 バンコク国際空港占拠事件を起こした反タクシン派組織「民主市民連合」(PAD)がタクシン政権当時、血判状を作って政権に抗議したことがあり、UDDはこれをヒントに前代未聞の作戦を立案した可能性がある。 集会参加者には元首相の地盤の北部や東北部など遠隔地から動員された年配の農民などが多い。猛暑のバンコクでの集会に疲れも見え、会場に集まる人数も減り始めている。奇抜な作戦には、内外の注目を集めるとともに、参加者の士気を高め抗議行動を一日でも長く継続する狙いもあるとみられる。 採血を受けた女性(54)は「タイに民主主義を取り戻すため、私の血をささげた」と語ったが、会場近くの商店主の男性は「本当に国のことを思うのなら、輸血が必要な患者がいる医療機関に献血すべきだ」と批判し、嫌悪感をあらわにした。

<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)

 真宗興正派本山興正寺(こうしょうじ)(京都市下京区)所蔵の水墨画「雲竜図」が、江戸時代前期の代表的絵師で江戸狩野派を開いた狩野探幽(かのうたんゆう)(1602〜74年)の作品と確認された。同寺が19日発表した。作品の落款の印影と後水尾法皇から探幽に贈られた印(三井記念美術館蔵)が一致した。鑑定した樋口一貴・同美術館学芸員は「晩年の成熟した大胆さがうかがえ貴重だ」としている。

 作品は縦115センチ、横202センチ。嵐の海の上で雲をまとう竜が画面いっぱいに描かれ、左下に「法印探幽」の署名と「筆峯大居士」の落款がある。「行年七十歳」と記され、1671(寛文11)年に描かれたとみられる。

 興正寺には、黄金2枚を受け取った探幽からの礼状が残り、雲竜図が制作当時から同寺に納められていたことを裏付けている。

 真宗教団連合が来春開く「親鸞展」で一般公開予定。【藤田文亮】

「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)
郵政改革 亀井氏「もう決めたこと」と反論(産経新聞)
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め(産経新聞)

デイサービス運営に地域密着と効率化の視点―在宅協東京支部がセミナー

 日本在宅介護協会東京支部は3月15日、東京都内で通所介護についてのセミナーを開催した。地域に密着しながら、スタッフや建物を効率的に活用する事例などが紹介された。 首都圏を中心に通所介護を展開するケアサービス(大田区)では、利用者に要望を書き込んでもらう「お客様の声シート」を活用しながらサービスの改善を図っているという。実際に寄せられた要望を基に、4月から個人に合わせた趣味活動を全事業所で充実させる予定という。 社会福祉法人「あすなろみんなの家」(あきる野市)では、保育園とデイサービスを隣接させて運営している。施設長の今裕司氏は、子供がデイサービスに遊びに来るなど、日常的に交流があるほか、子供を保育園に預けながら働く介護職員も多いと説明。また、保育士と介護職員を合同で採用しているほか、保育士から介護職員になるという人事交流も行うなど、職員に多様な選択肢を示している。 機能訓練に特化したデイサービス「nagomi」を展開するイー・ライフ・グループ(豊島区)の小川義行代表取締役は、要支援者など比較的軽度な利用者に提供するリハビリテーションについて説明。マシンを使わずに、歩行、正しい姿勢の保持、立ち座り、手の動きにフォーカスしたリハビリが特徴という。また、途中にお茶の時間も挟みながら、ヨガの要素なども加えたエクササイズを3部構成で行っているとした。 民家を改修した小規模のデイサービス「茶話本舗」をフランチャイズで展開する日本介護福祉グループ(墨田区)では、24時間365日のサービス体制を組んでいる。デイサービス提供時間外に延長する場合、料金を1時間100円に設定しているほか、夜間のケアについても1回800円で行っているという。 質疑応答では、会場から採算がとれるのかといった質問があり、イー・ライフ・グループの小川代表取締役は、マシンの訓練は1対1で行う必要があるが、マシンを使わずにインストラクター1人が15人の利用者に対応することで、効率的に人材を活用できるとしたほか、コンビニの店舗跡の利用や、中国で内装や家具を製作して標準化を進めることで、コストを抑えているとした。また、多くの費用が必要な運動メニューの作成についても、フランチャイズ化によってコストが分散できるとした。 日本介護福祉グループの小柳壮輔代表取締役は、事業をスタートさせる際には細かい数値計画を立てるほか、空き家などを利用しながら、できるだけ初期投資を抑えるとした。今後の通所介護については、介護保険の枠にとらわれずに、顧客のニーズをどれだけくみ取ってサービスに生かしていけるかがカギと述べた。【関連記事】通所介護事業所は増、訪問は減―08年施設・事業所調査お年寄りと園児が「ひとつ屋根の下」「なぜ介護業界で働きたいかを伝えて」―厚労省が成長分野で就職面接会夜間対応型訪問介護、認知度アップや人材確保が課題GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD

日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ

TBSで放送中の日曜劇場『特上カバチ!!』(日曜よる9時放送)が3月21日に最終回を迎える。最終回では、櫻井翔演じる行政書士補助者・田村勝弘が、多重債務で苦しむ男を救うために、「提携弁護士」の疑いのある弁護士・犬神誠一(坂口憲二)に立ち向かう姿が描かれる。さらに、犬神のバックにいる自分の父であり辣腕弁護士・鷲塚勝一郎(竜雷太)とも対峙し、「真の法律家とは?」という信念の元、立ち向かって行く。今回、大野が演じたのは弁護士会の綱紀委員会で働く弁護士・本多修平。田村の依頼を受け、犬神を調査する重要な役で、弱者の敵とも言える「提携弁護士」を厳しく取り締まる存在だ。撮影当日。現場からの歓迎の拍手に照れる大野は、自ら拍手を制止するポーズで笑わせる。監督から書類を持つ手の高さや位置、立ち上がるタイミング、立ち居地などを指示され、その一つ一つに丁寧にこたえる大野。難しい専門用語が台詞にあったが、一発OKが出ると現場からは「おー!一回で終わったね!」と温かい拍手が。大野も「翔くんはいつもこの何倍もの台詞を完璧に言ってるけど、いつ(台詞を)覚えているんだろうね」と答え、そこにはいない櫻井の存在を感じた一面も。クランクアップには、加藤新監督から花束を手渡され「僕が主役じゃなくて良かったです」と謙遜し、スタッフを笑わせた。 【撮影後のコメント・大野智】昨日は今日の撮影に向けて、ニノ(二宮和也)と台詞の練習したんだけどね。やっぱり難しいな、法律の専門用語は。翔くんはこんなに難しい台詞をいっぱい喋ってるんだな、と思うと凄いなと思った。『特上カバチ!!』本当に頑張ったと思うよ。オリンピックのキャスターもあって、レギュラーの仕事もあった中でよく出来るな、って。カバチ、最後まで頑張って!!僕も『怪物くん』頑張ります!! 今回の撮影の為に、一時的にスプレーで髪を黒く染めた大野だったが、撮影終了後は洗髪し、きれいな金髪に。大野は、「怪物くんに戻りました」と笑顔でカバチの現場を後にした。  【コメント・主演・櫻井翔】『特上カバチ!!』最終回、リーダーが登場します。自身のドラマ撮影も始まっている中、レギュラー番組収録の合間に、台詞をひたすら繰り返し練習していました。直接の絡みがなかったからこそ、登場シーンが今からとても楽しみです。そんな、大野(嵐)も登場する最終回。田村は遂に父親との直接対決に挑みます。父親であり、弁護士という大きな敵にどの様な勝負をかけるのか。5ヶ月に渡る撮影のクライマックスをどうぞご覧下さい!News2uリリース詳細へ関連URL:http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/?link=n2u

死刑制度:韓国での議論も国際通商上の問題に?

 韓国では普段の世論調査で、国民の過半数以上が死刑制度を支持するという結果が出る。釜山市内で起きた女児暴行殺害事件のような凶悪犯罪事件が発生したときには、その支持率はさらに高まる。今月12日にハンナラ党汝矣島研究所が実施した調査では、83.1%が死刑制度に賛成するという結果が出た。 昨年のカン・ホスン事件のときにも、同様の世論が形成された。法務部は死刑囚の一部に対して死刑執行を検討したが、実行には移していない。外交通商部が「1997年以降、韓国では死刑を執行しておらず、“実質的な死刑廃止国”に分類されている」との主張を展開し、反対したためだ。外交部の高官は、「死刑執行が13年間行われておらず、人権国家として韓国の地位が高まったのは事実だ。死刑制度廃止が加盟条件となっている欧州連合(EU)などでは、死刑制度の廃止を要求し続けている」と話した。 これと同時に、韓国で死刑を執行した場合、死刑制度の廃止を掲げるEUとの通商摩擦が起きるのではないかと懸念する声も上がっている。実際、過去3年間で20件を超える死刑を執行した日本の場合、EUからこうした通商圧力を受けたという。 EUは2008年と09年、国連に死刑制度執行猶予決議案を提出し、二度とも過半数以上の賛成を得て採択された。韓国はどちらも棄権した。 先月、死刑制度に対する憲法裁判所の合憲判決が出た際、駐韓イギリス大使館は報道資料を通じ、憲法裁判所の決定を批判した。イギリスは死刑制度の廃止を国家的価値の一つとして認識しており、国際社会に広めようと努力している。 だからと言って、死刑制度廃止がグローバル・スタンダードだと断定するのは難しい。米国や中国、日本、ロシアなどは死刑を執行しており、これらの国はEUが提出した死刑制度廃止決議案の国連投票で反対もしくは棄権票を投じた。その理由としては、「被害者と家族の怒りに共感する」「廃止した場合、凶悪犯罪が増加する」など、韓国と同様の要因を挙げている。 ユ・ヨンチョル死刑囚、カン・ホスン死刑囚、キム・ギルテ容疑者など、反人倫犯罪者が登場するたびに、死刑制度の執行をめぐる論争が浮上する。以前は韓国世論の方向性が最も重要な基準だったが、今や国際社会の主な構成員が死刑についてどのような立場を取っているのかも考慮に入れなければならない時代だ。特に、今年は主要20カ国・地域(G20)首脳会議など、韓国が国際社会でさらに注目を浴びる年であるだけに、政府はこれまで以上に慎重にならざるを得ない状況だ。鄭佑相(チョン・ウサン)記者辛殷珍(シン・ウンジン)記者

新生活を録りつくす新オリンパスペン「E-PL1」に死角なし【新生活特集】

新生活がスタートすれば、新しい出会いや世界が待っています。その一つ一つの出来事が、人生であり、生きていく足跡となります。そうした思い出の1コマを残せる道具がカメラです。一眼レフデジタルカメラのように大きくもなく、重くない。バックに入れて手軽に持ち歩ける オリンパス マイクロ一眼「E-Pen」も気がつけば、早くも3世代目が登場しました。新生活には、今まで知らなかった発見や経験が、いたるところであなたを待っています。新しい仕事、新しい友人・同僚、新しい住まいと環境での生活の一瞬を写真として記録する。ケータイやコンパクトデジカメでなく、より高い画質と情報で残しましょう。ただ記録するだけではなく、心に響いた感動を写す。それができるのがマイクロ一眼の魅力です。一段とコンパクトになった本体は、バッテリーとメモリーカードを入れてもわずか344g。バックの中にすっぽり収まり、瞬時に取り出しシャッターを切る。液晶の中には、あなたの心に響いた世界で1枚の景色が納められています。オリンパスペン「E-PL1」いつも通る道で、ふと目をとめた小道の草花にマニュアルフォーカスでピントあわすことも、絞りを開けて背景をぼかすことも、E-PL1なら期待を裏切らずに応えてくれるでしょう。E-PL1には、新生活に役立つ嬉しい機能が追加されています。その一つが、内蔵ストロボです。暗いシーンでもきれいにとれるE-Penシリーズですが、E-PL1には本体にストロボが搭載されました。歓迎会や酒宴の席など、記念撮影や集合写真でもシャープできれいな写真をバッチリ残せるほか、照明のまったくない暗いシーンでもフラッシュで一瞬を写しきれるようになりました。ストロボ内蔵で暗いシーンもシャープにもう一つは、動画撮影専用ボタンです。これまでのように、モードダイヤルを切り替えなくても、構えたままワンプッシュでHD動画を撮影することができます。大切なスピーチや講演、イベントなど、とっさのチャンスも動画で残すことができます。動画撮影専用ボタンで動画撮影も簡単別売りの電子ビューファインダー「VF-2」を装着すれば、明るい屋外では見えずらくなる液晶からファインダーに切り替えて撮影ができます。またビューファインダーを起こせば、ウエストポジションやローアングルでの撮影も楽々できますので、日常とは違った景色を覗くこともできるでしょう。3世代目となるE-PL1は、あたらしい機能により、新生活を余すことなく記録できるカメラとなっています。私たちが、今日までカメラという道具を手放せなかったのも、生活の中で思い出を写しだせるからなのかもしれまません。新生活を「匠(たくみ)」のカメラで豊かなものにしてみませんか。・新生活特集 2010 SPRING - livedoor HOMME■新世代マイクロ一眼 OLYMPUS PEN LiteE-PL1


-|2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。